お金を借りるならコチラ!

お金を借りるのは、いつでも24時間365日、どこにいても申込みができるネットが便利です♪

ネットからなら店舗に行かず申込みから審査・契約まで完結できるのでおすすめです。

お金を借りるならコチラ!おすすめのローンを紹介します。

どこ(誰)にお金を借りるのがおすすめですか?

親など親しい人

母親にお金を借りる

レジャーや贅沢品という自分のことのためにお金を借りるなら、なるべく借りやすいところから借りたいと思うので、私ならまずは両親からお金を借るのをおすすめします。

 

両親であれば、レジャーのためにお金を借りたいと理由を言って借りたところで、借りにくいという心配もなく、おまけに借りる時も返済の時もややこしい手続きがありません。

 

ただ万が一両親を頼ることができなければ、親しい友人に一度借りることができるか聞くことをおすすめします。私の友人には幾人かそういったことを頼みやすい親しい人がいるので、そんな友人を一応頼ってみます。

 

そして銀行や消費者金融といったところで借りることはおすすめしません。それぐらいならレジャーや贅沢品の方を我慢します。

 

もっと差し迫った理由があるなら、そういった選択肢も考えますが、やはり自分の贅沢のためにそういったところに借りるというのは気が引けます。なので一応親しい人に聞いてみて、それでダメならそもそもの借りる理由の方を諦めなければなと思います。

 

急な飲み会などはクレジットカードで借りる

クレジットカードでお金を借りる

仕事で遅めになって、じゃあ帰ろうか、と言うころになったころ、チョット一杯とか言う奴がいると、迷惑この上ないし困りますね。

 

出来婚で、子供が出来たばかりだし、「そんな余裕は俺にはないぞ」と言いたい、がそれはなかなか言えないです。

 

したがって居酒屋で、大体3千円くらいで一杯やって、失礼をするがそれではすまないこともあります。そんな雰囲気のときは、あらかじめクレジット会社の利用を念頭においておくのをおすすめしますが、飲み始めてコンビニに行くのも、行きにくいからあらかじめいくらか借りると思います。

 

借りるだけでも手数料がいるのに、結構つらいときがある。妻には出来るだけ、心穏やかにして、金の心配はして欲しくないと思うから、無理は言わないように心がけていますが、借金はじわりと増えていきます。

 

増えるとどうせ増えるし、けちけちしても一緒だからと思ったりして、余分に借りるようになって悪循環になりそうです。

 

親父になるのが早すぎたと後悔をしていますが、喜んでいる妻や実家を考えると、悪くは無いと思ったりもして、金の心配はとりあえず給料が増えるまで、このクレジットカードにお世話になるしかなさそうです。

 

 

お金がないときは消費者金融で借りるのがおすすめ

お金がないよ・・

給料日前には必ずと言っていいほどお金がありません。 浪費癖が激しくまたギャンブル、低収入といいところがありません。そんな私が本日は私が実践しているお金不足に対する対処法について書きたいと思います。

 

まず当たり前ですが節約。毎日必要なもの、食費、ジュース代、ガソリン代、タバコなどすべて節約します。休日に派遣会社に登録してあるので1日だけの短期のアルバイトをやってその場をしのぐ場合もあります(正直きつい仕事が多いです)。 

 

そしてそれでも足りなければ最終手段ですがお金を借りるのをおすすめします。。

 

消費者金融からときたまお金を借りるときがあるのですが個人的には助かっています。借りるといっても少額ですが友達、家族になかなか言い出せない時もありますので、資金不足の際には有効手段と考えています(当たり前ですが利子を払わなけれがいけませんが)。

 

個人的には家族に迷惑はかけたくないので友人から借りることができればベストのおすすめなのですが、やはりすんなり貸してくれる友人は少なく消費者金融に手を出すことが多いです。

 

金融機関から借りる、親族から借りる、友人から借りる、の3つ

金融機関のお姉さん

私は某バンドの大ファンなのですが、地元でライブコンサートが開かれることになりました。地元でのライブというのはファンにとって特別なものです。

 

しかし、チケット発売日になっても金銭的な目途が立たずに困り果てていました。そのときに私の頭の中に浮かんだ選択は、金融機関から借りる、親族から借りる、友人から借りる、の3つです。

 

金融機関から借りるというのは、利子がついてしまうため選択としては最終手段にしなければらないと考えました。

 

親族から借りるというのは、何かものすごく困っているときなら助けてくれるのでしょうけど、「ライブのお金が欲しくて」という理由ではまかり通らないでしょう。

 

私にとっては一大事なのですが、それを察してくれないであろうからです。ということで友人から借りる、という選択をすることになりました。

 

友人は親族とは違い、私がどれほどそのバンドのことが好きかを分かってくれているので、貸してくれる可能性も高いのです。